Hi-NODEのレストラン「BERTH ONE」で子連れランチ@日の出桟橋

海沿いスポット「Hi-NODE(ハイノード)」とは

Hi-NODEは、2019年にオープンした日の出ふ頭の新スポットです。
敷地内には、無料で休憩できる待合所や、海沿いのカフェ・レストラン、遊具のある芝生広場があります。

野村不動産が手がける日の出の憩いの場。竹芝からの散歩コースにも

Hi-NODEの開発は、野村不動産が手掛けています。
野村不動産といえば晴海FLAGが話題になっていますが、竹芝エリアの大規模再開発に本格的に携わっていますね。

立地としては日の出または日の出桟橋のエリアにありますが、竹芝や竹芝桟橋の散歩コースとしても利用できます。

Hi-NODE 2階のレストラン「BERTH ONE」

Hi-NODEには、1階のカフェと2階のレストランの2つの店舗があります。
今回は、少し敷居の高そうな2階のレストラン「BERTH ONE」のランチに行ってきました。

1階のカフェは気軽に入りやすい雰囲気ですが、このお店はドレスコードが必要なんじゃないかと思うほど高級感が出ていて、とくに子連れのときはなんとなく敬遠していました。

が、今回は満を持して、子ども含め家族4人でランチを楽しむことにしました。

ラウンジのような店内

お店の前に立つと、店内の上品な空気が漏れ伝わってくるかのような雰囲気です。

ドアの前で“ちょっと敷居たかいな・・・”と入りあぐねていると、店員さんがドアを開けて、気さくにメニューを提示してくれました。
メニューを拝見すると、1,000円~のリーズナブルなメニューがズラリ(!)。躊躇なくお店に足を運びます。

店内は、シンプルですが上品で洗練された雰囲気です。

バーカウンター天井の木の葉の装飾やウッド調のテーブルがあって、海辺の木陰にいるような雰囲気ですね。夜になると、腕のいいバーテンさんがお酒を作るホテルのラウンジのような雰囲気になります。

お店奥のカウンターからは、厨房の様子が見られます。厨房までお洒落です。

あと、写真はありませんがトイレもすごく綺麗でお洒落でした!

なお、4歳の子どもには子ども用イスをお借りしました。子ども用ですが、かなりしっかりした造りのイスでした。

海を見ながら楽しむ1,000円~の超コスパランチ

海沿いの贅沢な立地で、上品でお洒落なお店のランチ・・・となると、相当なお値段になることを想定していましたが、蓋をあけてみれば、1ミリの心配も要りませんでした

平日のランチメニューは以下の通り。

オーストラリア産ロースステーキ 1,300円
ハンバーグステーキ       1,000円
ハマグリと海苔のスープパスタ  1,000円
いずれもサラダ・ライス付き。
※他のランチメニューも各1,000円

土日祝日のランチメニューも1,200~1,300円ほどの価格帯です。なんという高いコストパフォーマンスでしょうか・・・!

私が頼んだのは「オーストラリア産ロースステーキ」。(1,300円税込み)

お肉は脂身が少ないにも関わらず予想より遥かに柔らかく、噛めば噛むほど肉の旨味が出てくるステーキを、さっぱりしたソースで頂きました。ボリュームも200g弱ほどでしょうか、申し分ありません。
これが1,300円かΣ(・□・;)と、驚愕しました。

一方、相方が頼んだのは、お店の名物と謳われている「ハンバーグステーキ」。(1,000円税込み)

名物と謳うだけあって、ハンバーグにナイフを入れると、肉汁がとめどなく溢れ出てきました。普段我が家でよく食べるファミレスのハンバーグも美味しいですが、これは明らかにモノが違う、肉々しいハンバーグ。

思い出すだけでも涎が出てきます。

海の景色を楽しむ

ここは海沿いのお店ですから、素晴らしい眺望を楽しめます。テラスに出て、しばらく子どもと一緒に海の様子を見させていただきました。

船のドックが間近にあり、船が行き来する様をゆっくりと眺めることができます。子どもは大の乗り物好きなので、身体が冷えてしまうまで海と船を眺め続けていました。

南東の方に目をやれば、レインボーブリッジを臨めます。

この日はお休みだったのでビールも注文して、美味しい料理とともに、とても贅沢なランチを堪能しました。
デートや家族の記念日、結婚式の二次会などにも利用できそうな、素敵なレストランでした。

帰りがけに出口付近をふと見ると、傘のシェアリングサービス「アイカサ」なるものが置いてありました。

1日70円で借りられる傘サービスだそうです。最寄りの竹芝駅などにもスポットがあります。
初めて知りましたがこれは便利ですね!突然の雨でも安心です。さっそくLINE登録しました。

1階はカフェ「BESIDE SEASIDE」。海辺テラスでBBQも

1階の「BESIDE SEASIDE」は、気軽に入れる海の家のようなカフェです。こちらも人気店ですね。
価格帯は2階のレストラン「BERTH ONE」よりリーズナブルです。

我が家では、真夏の暑い日などに冷たいアイスコーヒーを飲むのに利用しています。

以前テラス席でBBQを楽しみましたが、正直、料理は価格相応かな・・・という印象でした(^^;
でもすごくインスタ映えしますし、格安で海辺のBBQができることは確かです。

あと、冬場のテラス席には、なんとコタツ席があって、コタツを囲みながら料理やコーヒーなどを楽しむことができます。いつかやってみたいと思います。

スポンサーリンク

食後は芝生広場で子どもと遊ぶ

Hi-NODEの素晴らしいところは“たまり場”としての機能です。食事の後は、芝生広場で子どもを遊ばせてきました。

縄跳びやラグビーボール、バドミントングッズなどの遊具を無償でお借りできるのが有難いところです。

レストラン営業時間

レストラン「BERTH ONE」の営業時間は以下の通りです。

■ 平 日 :ランチ11:30~14:30
ディナー17:00~23:00
■土日祝日:11:00~23:00

正確な営業時間の確認や予約の際は、食べログを利用できます。

スポンサーリンク

Hi-NODE(BERTH ONE)へのアクセス

浜松町駅から徒歩9分。最寄りは日の出

Hi-NODEへのルートは、以下の3つの駅から歩いて行くのが一般的です。

■JR浜松町駅から徒歩9分
■ゆりかもめ「日の出駅」から徒歩4分
■ゆりかもめ「竹芝駅」から徒歩4分

浜松町駅からの徒歩ルートは、階段のアップダウンが多くてやや不便ですが、ペデストリアンデッキが開通(2020年予定)すれば、一気にアクセスしやすくなります。

バスでのアクセス

JR浜松町駅から、都営バス「浜95」を利用してアクセスすることもできます。

浜松町駅北口からHi-NODE最寄りのバス停「日の出桟橋入口」までは約5分。バス停からHi-NODEまでは、徒歩約2分です。

都営バスの時刻表やバス停の場所については、東京都交通局のページをご参照ください。

専用駐車場はない

Hi-NODEの専用駐車場はありません
車で行く場合は、近隣の「インターコンチネンタル東京ベイ」など、付近の駐車場を利用する必要があります。

なお、Hi-NODEに隣接する区画には写真のように広い駐車場がありますが、ここはHi-NODEとは別の施設で、利用できませんので注意しましょう。

自転車でのアクセス

Hi-NODE正面入口の右側に駐輪場がありますので、こちらを利用できます。

NTTドコモのサイクルシェアリングポートもあります。ポート名は「C5-29.Hi-NODE(ハイノード) 」です。

まとめ

Hi-NODEのレストランは、その敷居の高さにそぐわぬ低価格で、美味しい料理を堪能できるランチスポットでした。
小さい子どもに気遣っていただいた店員さんの気さくな対応も忘れられません。

これから竹芝の大規模再開発に伴って注目されてくると思いますが、大人気店になってからも、この魅力がずっと続くことを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。