田町の焼肉の名店「漢城軒」で子連れランチをしてきた

漢城軒は、銀座にもあった肉問屋直営の高級焼肉店

漢城軒は、田町駅東口から徒歩5分ほどの焼肉店です。

元は銀座にもお店がありましたが、今は閉店しているようです。テレビでも度々高級焼肉店のロケ地として放映されており、今となっては知る人ぞ知る名店です。お店の特徴としては

鮮度の高いお肉に濃厚なタレ、
ボリューム豊かなお肉の量、
スープ、カクテキ、ナムルといった一級品のサイドメニュー、
ランチ1,030円~1,000円代前半という低価格、
ディナーは高級焼肉食べ放題もあり

どれか一つをとっても、他の焼肉店なら評判を呼びそうな強烈な要素が満載なのです。

肉市場のある芝浦エリアは焼き肉激戦区ですが、中でもイチオシ焼肉店といえば、この「漢城軒」だと断言できます。

ディナーは焼肉食べ放題も

数ある特徴の中でも、ディナータイムの焼肉食べ放題はインパクトが強いですね。

男性はひとり4,200円、女性は3,700円(税抜)で、タン塩、カルビ、ハラミ、ロースといった漢城軒の美味しいお肉を好きなだけ食べられるのです。

プラチナコース(男性10,000円、女性9,500円)では、さらに上質なお肉のほか、たらばがにホタテ焼きなどもメニューに加わります。

詳細なメニュー内容については、食べログのページから確認いただけます。ディナーについては別の機会にお伝えすることとし、以下ではランチについてご紹介します。

漢城軒の恐るべきランチメニュー。おすすめは

漢城軒のランチは、どのメニューにもプロの技で素晴らしく手入れされた新鮮なお肉があり、どのサイドメニューにもハズレがありません。ランチメニューをいくつかご紹介します。

焼肉ランチ 1,050円
カルビランチ 1,400円
ネギタン塩ランチ 1,200円
三種盛ランチ 1,400円 など

各メニューのイメージは、写真からご確認ください(クリックで拡大します)

この他、「彩り焼肉セット1,100円」、「和み焼肉セット1,400円」があります。この2セットの焼肉ランチが最もおススメです。詳細は後ほどお伝えします。

以上どのメニューも、ライスおかわり自由です。

焼肉のほか、ビビンバなどのメニューも本当に美味しいです。うちの妻は漢城軒に行くと、いつも石焼ビビンバを注文しています。

スンドゥプチゲランチ 1,000円
石焼ビビンバランチ 1,000円
参鶏湯ランチ 1,700円 など

漢城軒がテイクアウトも始めていた

新型コロナウイルスの影響でしょう、漢城軒の前を通りかかってみると、テイクアウトを始めていました。ランチで注文しやすいメニューとして、各種丼ものがありました。

自宅で焼肉をするときのフルコースも提供しているようです!お祝い事のとき等には贅沢な焼肉パーティーができそうですね。

ここでは、速報まで。テイクアウトも、次回試してみたいと思います。

スポンサーリンク

子連れで漢城軒ランチに行ってきた

我が家では、「自粛ムードが強まる前に漢城軒ランチを食べておかなければ」という使命感から、0歳児と幼稚園児の子どもを連れて、家族4人で漢城軒ランチに行ってきました。

いつも食べるハラミ肉。1.5人前を注文

漢城軒ランチはどのメニューもハズレがなくて美味しいですが、「ハラミ肉」が一番美味しいです!

漢城軒のハラミ肉は、ほかのお肉と比べて一段も二段も完成度が高いです。柔らか~いお肉に濃厚なタレがギッシリと染み込んでいて、絶品に仕上がっています。

なおハラミ肉を食べられるメニューは、「三種盛ランチ」「彩り焼肉セット」「和み焼肉セット」の3つです。

この日は、私は「和み焼肉セット」1,400円(税込)を注文しました。このメニューは、お肉の量が1.5人前になっていて非常にお得です。

最初に、スープ、カクテキ、ナムル、サラダが運ばれてきます。どれも完成度が高く、いつ来ても安定した美味しさですが、とくにわかめスープは絶品です。

一見すると、程よい塩加減のオーソドックスなわかめスープですが、わかめがシャキシャキで、1つだけ入っているハマグリも非常に効いています。

この食前の一杯でお腹が喜び、食欲が激増してきます。なかなか食の進まないうちの子もこのスープが大好きです。

続いてお肉が運ばれてきます。

ご覧の通り、タレが充分に染み込んだ良い色とツヤです。ちょうど食べやすい厚さですね。これを1枚ずつ、焼いていきます。刺激的な音です・・・

頃合いをみて、タレを少しつけて食べます。この旨くて濃厚なタレも、漢城軒のストロングポイントです。

食べてみると、ぎゅっとした丁度良い触感とともに、肉汁とタレの旨味があふれ出してきます。お肉を噛み切るとバラっとほどけて、ほどけた肉の繊維からも肉とタレの旨味が出てきます。

漢城軒のハラミ肉は、噛む⇒旨味が出てくる⇒また噛む⇒また旨味が出てくる、というルーティンが1枚1枚、何度も繰り返されるんですね。

子どもにもお肉を分けます。うちの子は肉はほとんど食べないのですが、漢城軒のハラミ肉は大好きです。

一方、妻は「彩り焼肉セット」1,100円(税込)を1.5人前(1,500円)にして注文しました。

このメニューは私の注文した「和み焼肉セット」とほぼ同じ内容です。ハラミ肉、カクテキ、ナムル、サラダ、ライスは同じです。

1点違うのが、姫チゲ(スンドゥプチゲスープ)です。「和みセット」のスープはわかめスープでしたが、「彩り焼肉セット」にはこの姫チゲがついています。

この石焼鍋に入っているスープが、最高の逸品なんです。

出汁が何からできているのか、旨味のかたまりのようなスープになっていて、辛さよりも旨味が勝っています。一番うえに乗っているを溶くと、さらに旨味が濃縮されるような味になります。

食べていくと、ハマグリも入っています。このスープを吸ったハマグリも絶品です。

我が家はみんな激辛が苦手で、カレー屋さんチェーンのカレーすら食べられませんが、このスープはまったく問題なく平らげます。

漢城軒は子どもに優しい

漢城軒は、コワモテの店名とは裏腹に、子どもに非常に優しいお店です。

うちはまだ子供が小さくて、大人メニュー1人前は食べられないので、いつも大人が大盛りを注文して子どもに分け与えるスタイルです。いつも申し訳なく思ってしまいますが、お店は快く、焼肉などの取り分け皿を用意してくれます。

とくに注文しなくても、ライスは子どもには無料でいただけます。

そして、お店に支払いを済ませると、レジでお菓子の入った箱を見せてくれて、好きなお菓子を1つ選ばせてくれます。

子どもには嬉しいサービスですね。この日は、キャンディを選んでいました。

お菓子大好きなうちの子は、完全に漢城軒のファンになっています。

支払いはPayPayに対応

漢城軒は、現金・クレジットカード・電子マネーのほか、PayPayでの支払いにも対応しています。

PayPayは大規模還元キャンペーンを頻発するので、我が家が漢城軒ランチを食べたときはいつも、PayPayで支払いを済ませました。

食後は付近にある芝浦公園で子どもを遊ばせて、帰路につきました。

お店情報の確認・予約。日曜ランチも営業!

お店情報の確認・予約についてです。食べログのページからも確認いただけます。日曜のランチもやっているのが、家族連れには嬉しいですね。

営業時間:
ランチ【水~日】11:30~14:00
ディナー【火~日・祝日】17:00~23:00

定休日:なし

住所:東京都港区芝浦2-16-8 芝浦相澤ビル 5F

予約・問い合わせ:050-5589-4005

支払い方法:クレジットカード、電子マネー、PayPay

全面喫煙可(2020年4月の法改正以降は不明です)

個室あり

スポンサーリンク

まとめ

漢城軒は、我が家で何か旨いランチを食べようと思った時の筆頭候補です。御馳走なのに、価格は普段ランチ+数百円で済むというのが、とても嬉しいです。

Youtubeなどでむかしのテレビ番組を見ていると、思いがけず漢城軒が出てきたりします。こんな名店が、芝浦にひっそりと建っているのが驚きです。

テイクアウトも期間限定で始めたようなので、次回はテイクアウトも試してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。